koyama junko’s work

暑い夏!簡単おすすめの精油活用方法♪

アロマセラピー(精油)

夏を涼しく過ごす日本の知恵に和精油をプラス!

一気に真夏の陽気。毎日暑くて暑くて、すでに夏バテ、という方も多いかもしれません。

私は毎年のことなのですが、暑くなると昼間は暑食べる気がしないのに、日が落ちて涼しくなってくると食欲アップ!という、美容にも健康にもよくない食欲と戦っています。

今日は、そんなあっつ~い日々を乗り切る為におすすめの精油活用術をご紹介。
使用するのは、和薄荷!ミントや薄荷は体感温度を下げることも知られているんですよ。

夏の涼をとる為の打ち水に和薄荷を活用します。

打ち水にアロマをプラスする方法

使い方はとっても簡単!

  1. バケツやジョウロに水を半分くらいためます。
  2. そこに、和薄荷の精油を10滴ほど垂らします。
  3. さらに上から勢いよく水を足します。

水、精油、水の順番で溜めることで、精油が勝手に水に混ざっていくので楽ちん♪

この水を、ベランダや玄関回りや庭先に、打ち水と同じ要領でパシャパシャとまくだけ!

すると、水が蒸発するときに和薄荷の香りも一緒に漂い、何とも涼やか。窓からほんのり薄荷の香りがする風が吹いてきます。

お手元に、買ったのに使いきれてない精油、ありませんか?

和薄荷以外にも、ヒノキやユーカリ、レモングラスなど爽やか!と感じる精油なら何でもOK!

捨てるのはもったいないけど、体に使うには古すぎて・・・なんて精油も、こうやって最後まで活用してあげてくださいね。

※お花の精油など種類によって虫を引き寄せる場合があります。打ち水にはハーブや樹木系の精油がお勧めです。