koyama junko’s work

ブレンド精油誕生裏話

アロマセラピー(精油), かおりと

ブレンド精油の香りのルーツ

今日、急に新しい香りを作りたい気分になりました。

本当に、ブレンドをしたくなるのはいつも突発的。

バタバタせわしない日常が、少し落ち着いて、仕事も新しい流れの中にいるからかもしれません。

2年前のこの時期、悲しみを怒りにすら変えることのできないほどのことがあって、それでも好きならその気持ちを大切にしたらいい、と自分を鼓舞するために作ったのが”凛と燦と”。

お披露目してから1年間で一番人気の香りです。

作っている過程で自分の気持ちがどんどん変わるもんだから、苦労しました。でも作ってよかった。

かおりとリリースまでに、原点に立ち返るためにブレンドした”ことのはじまり”。

これも人気。でも、原点に立ち返るって難しい。どこまで遡れば原点なんだろうな…。

気持ちの変化を香りに託す

そして。1年前の秋。

前を向いて行こうという気持ちと、まだ心の中にくすぶってる気持ちの揺れを表現したのが”たゆたう”。

実はこれは、自分の心の状態でガラリと香りが変わる精油。まさにゆらゆらたゆたう。ゆらゆらを感じられたら大丈夫。

もう無理な時は、たゆたうことすらできなくなるんだから…

こんな風に私のその時の気持ちを癒すために作った香りは、

人生のなかでの大きな決断と、その後の出来事の、 助けとなっています

こんな嬉しいメッセージを頂いたりしています。

私と同じような気持ちの方に、ちゃんと届いてるんだなと感動したことを覚えています。

次の香りのテーマは気持ちの浄化

そしてそして。凛と燦とから2年。今作りたいのは、浄化の香り。

「そうじゃないのに…」「違うのに…」

そう思っても飲み込んで、傷ついていないフリして溜め込んだ気持ち。

普段は平気でも、あの時…なんて思い出すのは、自分がネガディブに傾いてる証拠。

自分の本音を見ないようにしてやり過ごすのではなく、心の底から浄化をする時期が来たのかもしれません。

まもなく北海道から届く、新しいラインナップの精油は浄化が得意。

北海道に行ったこと、その精油の取り扱いを決めたこと、何か意味があるのかもしれません。

≫日本産精油の新しいかたち かおりとHP