koyama junko’s work

更年期予備軍なんて言わせない!

アロマセラピー(精油)

イライラするし、なんか体が重い。
朝起きるのがちょっと辛い。
そういえば、生理の周期も乱れてるかも。

仕事や育児でストレスがかかっているのかな…

と見逃すことなかれ。

一時期”美魔女”という言葉が流行ったように、最近は年齢を感じさせない方が増えています。
でも、外見の若さとは裏腹に、悲しいことに、私たちの体はしっかりと年を重ねています。

そして、なんと…
30代後半からの約10年は、いわば本格的な更年期に突入する前の”ゆらぎ”の時期。
30代後半なんて、まだまだ妊活真っただ中という現代。
なのに更年期突入前の”ゆらぎ”の時期だなんて衝撃的です。

更年期は、卵巣機能が衰えて女性ホルモンが急激に減少する時期で、1年以上月経が来ない”閉経”を挟んだ前後10年間のこと。
閉経して初めて、その前5年間くらいが「やっぱり更年期だったんだ…」と分かる訳ですね。

となると、日本人女性の閉経年齢は50歳前なので、30代後半からの10年が更年期に向かう”ゆらぎ”期間なことにも納得。
つまり、40歳の私は”ゆらぎ”真っ只中。

変化するホルモンバランスに体がついてゆかず、現れる不調。
イライラやだるさ、感情の起伏、むくみ…
PMSの場合は月経前に周期的に表れるけれど、これらが不規則に表れだしたら、”ゆらぎ”期間に投入したというサインかもしれません。
そして、その裏には、やっぱりホルモンバランスの乱れだけではなく、冒頭で書いたストレスや冷えが潜んでいるんです。
今までは影響を受けていなかった小さなストレスや、人の言葉が妙にザラザラ心にまとわりつく状態なのかもしれません。

変化するホルモンバランスそのものは仕方がないとして、イライラやだるさ、感情の起伏は温めることと、心にピタッと沿う香りを使うことでかなり楽になります。

静風荘病院(埼玉県新座市)女性内科・女性外来医師の天野先生によると

深部体温が上がると血流がよくなり、血管の内皮細胞から一酸化窒素(NO)が産生、それがさらに血流を促進させるとわかっている

また、近年の研究からは、

温めることで細胞を修復するヒートショックプロテインが増える、交感神経の緊張が和らぐ、リラックスできるなどの作用が報告されている

というデータもあるんです。

ラヘラのお客様は30代、40代の方が多いのですが、「ラヘラに通いだして、なんとなくもやっとしていた体調が楽になった」という方が多いんです。
やっぱり、温めるって大切なんだな。

アロマ(精油)も”ゆらぎ”の期間にバランスと整えるように寄り添ってくれるもの、”更年期”の期間に少し女性ホルモンを補うようなもの、いろいろなチョイスが可能。
そういえば、香りの好みが20代のころとは変わってきたような…

科学的なものに囲まれている現代社会。
自分の体と心をねぎらうにはやっぱり自然の恵みが一番!!

>温める+精油の力を使ったトリートメントはこちら
ホットストーンを使ったアロマトリートメントって温めること、香りを感じることに加えて、今しんどい体を物理的に緩めることができるからすごいよね。
いつもそう思います。