koyama junko’s work

待ちに待った精油の試験抽出

アロマセラピー(精油), かおりと

ドライハーブから精油抽出できるのか?!

2月の頭に届いた、精油を抽出するための水蒸気蒸留装置。

予定していた材の入手が季節的に難しくちょっと放置していたのですが、先日思い立ってドライハーブを使って試験的に装置を稼働させてみました。

今回使用したのは、業務用スパイスとしてキロ単位で販売されているレモングラス。

袋を開けるとそれだけでよい香りがふわっと漂います。

でも、フレッシュハーブや精油とはちょっと違い、草っぽい香り。個人的にはこの香りも好きだけど、精油抽出は大丈夫かしら…と不安がよぎる。

採油量の目安に試験抽出に使われるドライハーブってラベンダーやローズマリーが多く、何社かの装置メーカーのデータを見てもドライのレモングラスって載ってないんですよね。

それならなぜレモングラスを選んだんだ?って話ですけど、好きなんです。レモングラスの香りが。笑

驚きの抽出結果

まぁ精油が無理でも芳香蒸留水は採れるだろう、と気軽に抽出スタート。

加熱開始から15分。突然ふわっと香りがしたと思ったら、見る見るうちに家中よい香りに包まれていきます。それだけでも幸せな気分になっちゃいます。

  • ドライレモングラス 500g
  • 加水3.3L(ドライハーブの為ちょっと多めに)

蒸留して出てきた蒸留水0.8L 、加熱開始から1時間経過で過熱をストップし、精油だけを分離したところ、10ml位の精油がちゃーんと抽出できました。

採油率2%。なかなか優秀♪

その後さらに加水して30分蒸留してみましたが、精油は採れず。

やっぱり装置の説明書に1時間って書いてあるのは正しいのね。

抽出した精油とフローラルウォーターはまだ草っぽい香りが残っていて、決してかぐわしいとは言えないのだけど、これを1週間程度寝かして香りが落ち着くとよい香りになるはず!

これからもしばらく蒸留熱がおさまりそうにありません。