koyama junko’s work

かおりと-kaorito-のロゴのこと

かおりと

かおりと-kaorito-のロゴができるまで

自分の活動のロゴを作るのは、かおりとで3つ目。

ラヘラの時は、独立前に勤めていた会社のお客様に印刷会社所属のデザイナーさんを紹介していただき、あっという間にロゴ決定。

これね、お花のように見える部分がlahellaの文字になってるんです。近くにという意味を表現し、ずっと繋がっていくようにって。

ラヘラジも、私のことを良く知る人が「こんな感じ?」と作ったロゴを送ってきてくれました。

ラヘラのラジオ。ラヘラが歩んできた路。ラヘラジの名前を、ロゴだけでわかるようにしてくれました。ヒトメボレです。

どっちもトントンと決まったのですが、かおりとは長かった。

まず誰にお願いするか、がなかなか決まらず。初めてのモノ作り。ロゴで買うか買わないかも決まるかもしれない、と思うと、慎重になりすぎて、どうしていいかわからなくなってしまいました。

そんな時、泣きついた先がかおりとの撮影をお願いする予定のカメラマンさんで、紹介してくださったのが、エミエの大脇さん。

丁寧なヒアリング。まず精油について勉強しますとおっしゃるのでラヘラのスクールのテキストをお渡ししました。

しばらくたち、まだかと催促する私に返ってきた言葉は…

「ブランドの要となる部分ですので雑な考えで作れませんのでもう少しお時間頂けると有り難いです。」

この言葉を見た時、絶対間違いない提案をしてくださる、と確信しました。

良すぎて選べない

かおりとのコンセプトをいろんな角度から表現してくださった表情の異なるロゴたち。

提案のPDFを開いた瞬間、にやけましたよ。予想以上だ。

「めっちゃいいねん。」と夫に何度言っただろう。どれもステキすぎて一つに絞るのがもったいない。

でも、ブランドの顔は一つに決めなきゃならない。

最終2つまで絞り込み、悩みに悩み、そのロゴに込めた想いを大脇さんに伺い、そこからもさらに悩んで、最後は第一印象で気に入った方に決めました。

かおりとで私が一番やりたいことを表現してくださったロゴ。

お披露目は…もうちょっと先。しばらく一人でニヤニヤロゴを眺めます。
このロゴからいろいろなものが展開されていくのがすごく楽しみ。

この名前だけ入れたラベルももうしばらくしたら卒業ね。

にしても、時系列でやるべきことをリストアップしてみたら、時間足りるんやろか…というボリューム。
関わってくださるたくさんの方の力を借りて、7月のリリースを迎えられるよう頑張ります。

かおりと

Posted by Koyama Junko