koyama junko’s work

レモングラスは春の香り♪

アロマセラピー(精油)

レモングラスとあの精油は似てる!

最近マイブームの精油。レモングラス。

レモングラスといえば、夏に虫よけにも使われる精油ですが、この季節にお勧めすると、普段はレモングラスは苦手という方も、「これいい!」って言っていただくことがあります。

和精油の勉強をするまでは、春だからと言ってレモングラスをご提案することはなかったんですが、和精油を勉強する中で出会った精油からひらめき、お勧めするようになりました♪

その和精油は…

ニオイコブシ。

モクレン科のニオイコブシは、春になると山の麓まで香りが届くといわれるくらい、強い香りを持っています。その香りは、冬眠している虫や動物を起こす香りともいわれていて、甘さと爽やかさが混ざったような何とも言えないステキな香りです。

そして、ニオイコブシをかいだ時に、ピン!とひらめいたのがレモングラスの精油でした。

それもそのはず、二つの精油には共通の成分、シトラールが含まれています。”レモンのような”と表現されるかおりでネラールとゲラニアールの混合物です。

こんな時にレモングラスはおすすめ!

ニオイコブシの精油は希少なのでお値段もちょっと高め。ニオイコブシの香りも知ってほしいですけど、とりあえずはレモングラス。

お手元にレモングラスの精油を持っている!という方は、ちょっと朝起きるのがしんどいなとか、一日ぼーっとしてやる気が出ないなというときに香りをかいでみてください。

動物や虫が眠りから目を覚ますように、私たちも背筋がシャン!と伸びるそんな香りです。