koyama junko’s work

”香り”と”音”

アロマセラピー(精油), かおりと, その他

五感をフルで使う音と香り世界

香りと音のワークショップを開催しました。

小野八幡神社の精油がきっかけで、かおりとのファンになってくださったシンガーの西園さおりさん。

かおりとのブレンド精油を手に取り、この”香り”を”音・声”とコラボレーションさせたい。
と言ってくださったのがこのWS誕生のきっかけでした。

 

日常から少し離れ、香りと音に見よ湯種、全身がゆるむ癒しの世界を体験して欲しい。

周りを気にせず、自分の内側の世界だけに没頭して、本来の直感や感覚を研ぎ澄まして欲しい。

彼女の思いと”かおりと”のコンセプトがとても近く、感覚を大切にしたWSを開催することになったのです。

香りからよみがえる大切な思い出と気持ち

WS開催に選んだのは、土日で満月の日。11月23日に決定しました。

当日は6名の方が参加してくださったのですが、あえて自己紹介や参加目的などの共有は行わず、呼吸&発声からスタート。

実は、さおりさんとは直前の打ち合わせをしようと朝早くに集合したのに、骨子の確認をしただけで後は2か月間の近況報告をしただけ。笑

何となく、お互いにそれで大丈夫だと思えたんです。

※FBがテレコにタグ付けするくらい似ているといわれます。向かい合って話をしてると、自分たちでも”似てるよね~”ってなります。左私、右さおりさん。

 

さて。

発声をして少し体を緩めた後は照明を落とし、向き合って欲しい3つの気持ちにつながる、かおりとのブレンド精油3種類を、何も言わずに間を開けて順に体感していただきました。

香りを取り込むための、深く楽な呼吸を続けていただきながら、自由な姿勢で。歩き回ってもOK。席の移動もOK。

このWSは作詞作曲もご自身で行っているさおりさんが、香りからインスパイアした音をグランドピアノで奏でるという贅沢な空間で開催。グランドピアノの下で音の振動を楽しんだり。

 

WSの後半は、香りから感じたこと、気持ちの変化、浮かんだ情景を言葉にしてシェアする時間。

自分がとても大切にされていたことを思い出したり、懐かしい人との心の中で再会したり、これから先の新しい世界が見えたり。

こう書くと、スピっぽく感じるかもしれませんが、具体的なことを書いてしまうと、次回WSに参加する方の先入観になってしまうので、書きません。

 

感情が動き、自然と涙がこぼれる方もありました。自然と笑顔になる方もありました。

「今までアロマが好きで香りをかいでもこんなことなかったのに。日本の香りってすごく気持ちを動かすんやね。」

 

参加者がポロっとおっしゃった、この言葉がすべて。

日本の香りだからできること。

かおりとだからできること。

香り と 音

このWSも継続したいし、これからも香りを軸にいろいろなコト・モノ・オモイをつなげます。