koyama junko’s work

妊婦さんのアロマ:妊娠線予防

アロマセラピー(精油)

妊娠線の予防におすすめのオイルケア

妊娠さんの悩みの一つ。妊娠線。

妊娠後半期にはいると、皮下脂肪の厚い部分(下腹部、乳房、太腿、おしり、足の付け根、ひざの裏、二の腕など)に妊娠線があられることがあります。

急激な体重増加が起こりやすい妊娠後半期、体重増加に伴う皮膚(表皮)の伸びに、真皮や筋肉、脂肪が対応できず、断裂して起こる現象です。

また、妊娠中に分泌が増えるステロイドホルモンに、肌のターンオーバーを抑制し、肌の生まれ変わりを邪魔してしまうそうです。

このような状態のお肌は弾力を失い、断裂も起こりやすくなるというわけです。

かゆみを伴ったり、ピリピリしたりするので、その時の不快感もありますし、出産後もデコボコはなくなりますがあとは残るので、見た目も美しくありません・・・

そんな妊娠線の予防には、植物オイルや精油が役立ちます。

 

妊娠線の予防におすすめのオイルについて

植物オイルはアボカドオイルやオリーブオイルなど、こってりしたテクスチャーのものがおすすめ。

もちろん他のオイルでも妊娠線の予防になりますので、お手ものとにあるオイルで大丈夫。

ただし、ベビーオイルなどの鉱物油は肌に浸透しないので避けましょう。

精油は、お肌を柔らかくするものや、お肌の細胞分裂を活性化してくれるものを選ぶのがポイント!

ただし、これらの精油の中には、妊娠中に使用を控えた方がよい精油がいくつかあるので、注意が必要です。

私がおすすめする、妊娠線予防で選びたい精油は・・・

  • ローズウッド
  • マンダリン
  • ゼラニウム
  • ネロリ

これらの精油は、一般的に妊娠20週以降安心して使用できる精油です。

*ネロリはお花から取れる精油ですが、女性ホルモン様の働きはしないので使用可能とされています。

濃度は、植物オイルや無香料のクリーム10mlに対して精油1滴、0.5%を目安に。

精油はブレンドしても単品でも使用できます。

このオイルでしっかり保湿をすると、かゆみも軽減されるのでお風呂上りなどに、脂肪の多い部分を中心に優しく塗布してください。

「自分で精油やキャリアオイルを用意するのは面倒・・・」という方は、市販のボディクリームで代用することも可能ですし、lahellaでもホームケア用のオイルを作ることが出来ますので、トリートメント時にお気軽にお声掛けくださいね!

≫妊婦さん専用のオイルトリートメントはこちら