koyama junko’s work

免疫アップで疲れ知らず!1℃アップで60%アップ!

2018年2月15日ラヘラ

熱が出るのは免疫システムが働いている証拠

突然ですが、皆さん自分の体温、知っていますか?

女性であれば基礎体温表をつけている方もいらっしゃると思いますが、24時間ずっと体温の事を意識している人はいないと思います。

なぜ突然このような質問をしたかというと、私達の体温は健康の維持に関わる、重要な要素だからです。

風邪やインフルエンザなどウイルスや細菌に感染すると、熱がでます。

熱を出すことで、体にとって害のあるものを殺そうという免疫システムが働いて熱が出るのですね。

だから安易に薬を飲むと、症状がだらだら長引いて余計にしんどいこともあります。

先日、胃腸炎から高熱を出しフラフラになった夫が診てもらった先生も、「ウイルスを殺さないといけないので、解熱剤は出しません。」とおっしゃられたとか。

冷えを解消すると免疫アップ!

少し話が逸れましたが、私達の体温。

最近は、冷房、ストレス、薄着…
夏場でも冷えを感じる人が増えており、体温も35℃台という方も多いようです。冬なんて怖くて体温計れない?笑

私達にとって理想的な平熱は36.5℃前後と言われていますから、あまり良いことではありません。

サロンのお客様も、特に手足の冷えが気になる方が多いんですが、実は、末端が冷える、と言うのには訳があって、内臓や脳など大切な部分の体温を下げない為の防御反応なんです。

体の表面や末端の血管を収縮させ、毛穴も閉じて、熱をできるだけ逃がさないようにするように、自律神経が指令を出しているのです。
冬になると、体をぎゅっと縮こまらせるのも熱を逃がさない為の反応です。

ここまでは、体の自然な反応です。

そして、ここからが重要です。

常に強い冷気にさらされている、露出が多く冷えやすい服装をしている。

そんな場合には、自律神経が冷気に過剰反応を起こし、ちょっとした寒さでも強い冷えを感じ、常に体の表面や末端へ送る血液の量を減らしてしまうようになります。

そして、このよう体表や末端が冷えた状態が続くと、やがて体の深部体温にも影響を起こし、
内臓もヒエヒエになってしまいます。

体は熱を出すことで菌やウイルスをやっつける仕組みを持っていますから、普段の体温が低いと言うことは、菌やウイルスと戦う能力が低いと言い換えることができます。

体温が1℃上昇すると、免疫が60%アップするというデータがあるほどですから、体温を保つと言うことがいかに大切かがよくわかりますね。

冬場はもちろん、夏のエアコンで冷えてしまった時は、温かいお湯につかって強制的に体温を上げると免疫も活性化します。

余談ですが、以前私がぎっくり腰になったとき…

腰や臀部がとても冷たく、下痢、軽い痔、排卵期後の不正出血と散々な目にあいました。
にもかかわらず、ギクっとなった部位だけは熱を持っており、温めていいものやら冷やしていいものやら…

やはり、冷えは大敵だ、と身をもって感じました。

まだまだ寒い毎日、皆さんも冷えには十分お気をつけくださいね。