koyama junko’s work

これだけはやめて~!肩こりの間違った対処法

ラヘラ

肩こりにシップって有効?

肩こりや頭痛がひどくて辛いから、と湿布や鎮痛剤を常用している方がいらっしゃいます。

「シップや鎮痛剤が手放せない。それ私のこと~!」「なんでシップがダメなの?」と思った方、最後まで読んでください!!

ぎっくり腰、首を寝違えた、激しい運動をしたなどで、その場所が熱を持っている場合は、シップで冷やすのはOK。シップが無ければ、氷のうでもよいので、積極的に冷やして、熱を取ってください。そしてその時期の痛みには鎮痛剤も有効。

けれど、習慣のようにずっとシップを張り続ける、鎮痛剤を飲み続ける…はオススメではないんです。

それは、シップや鎮痛剤は痛みを抑える成分が入っていますが、この成分の働きで血管を収縮させ血行を悪くさせてしまう場合があるから。そしてそれは、頭痛の原因にもなりえるのです。

シップや鎮痛剤に頼らず一度試してほしいこと

血管がずっと収縮したままになると性的な肩こりや頭痛(骨や神経、そのほかの疾患がない場合)が起こりやすくなります。そんな時は血行を良くする事にチャレンジしてください。血行不良が原因で痛みが出ているのですから、温めましょう。

同じ姿勢、無理な姿勢を極力避ける、軽く体を動かす、お風呂に入る、ホットストーンを乗せる、ハーブボールを使う。温め方はいろいろあります。辛いなと思った時、薬に頼るまえに、一呼吸おいて、簡単にできる温めケアを試してみてください。

温めることを意識して、月に何箱もでいた鎮痛剤を気づけば買わなくなってた~!と嬉しい報告をしてくださる方もいらっしゃるんですよ。

※体の痛みや頭痛には大きな病気が潜んでいることもあります。ご紹介したのは、病気やケガが無い場合の対処法です。

ラヘラホットストーン

Posted by Koyama Junko