koyama junko’s work

暑い夏が日本人を冷え症にした?暑い夏がくる前に・・・

ラヘラ, その他

暑くて冷える。日本の夏

暑い夏が来る前に…と書きながら、もう夏日が続いている豊中です。豊中は毎年、岐阜県多治見市と競うように最高気温を記録するというエリア。いやになります…

それはさておき。

アロマセラピストになってわかったことがあります。それは、季節を問わず、日本人は本当に冷えを感じている方が多いということ。

でもいったいどうして、こんなに冷え症の方が増えてしまったのでしょう??

実は、その原因は、暑い暑い夏。

さかのぼること30年。日本の夏の気温は35度を超えるような暑さではありませんでした。でも最近は35度は当たり前。40度近い気温になる日もある夏。

梅雨入り前ですが、もうすでに日中の気温は30度近い。私が子供のころでは考えられないことです。

初夏からこんな暑い毎日が続くと、生活習慣も昔と比べるとガラッと変わってきます。

熱中症対策にエアコン。でも・・・

熱中症対策もあり、暑さを我慢するより、エアコンをつけて快適に過ごそうという流れも。外出すると、あちらこちらすでに冷房が入っていますよね。

私はエアコンが苦手なので、リビングではエアコンはほとんど付けませんが、蒸し暑いとすぐに冷房を入れるという方も多いと思います。

このエアコンこそが、冷えの原因の一つ。

室内の気温を下げるために、送風口からはかなり冷たい風が出ます。冷えた空気の中に薄着でずっといると、身体は知らないうちにかなりのダメージを受けているんです。

私達の身体には、汗をかくとう天然の冷却装置がついています。

体内の温度が上がると、汗をかきます。汗は蒸発するときに体表の熱を奪い取ってくれます。

実は、汗をかいた後の体表温度は、かなり下がっています。触ってみるとヒヤッとしているのが分かるんですが、暑さの中で気づかず、冷房の効いた部屋で必要以上に体を冷やしてしまうという習慣がついしまっているんです。

さらに最近は、冷暖房によって体の調整機能が退化し、汗をかけない人も増えてます。だから余計にエアコンに頼る・・・と言う悪循環も起きています。

体に温かいものを当てて、心地いいって思うのはそこが冷えている証拠。

夏にお風呂に入って気持ち良いって思うのは、身体を温める必要がある証拠。

冷えた体をそのままにしておくといろんな不調が出ます。お風呂に入ってリセットする、なるべくエアコンは控える、月1回岩盤浴やホットストーンで温める・・・

夏の冷えには本当にご用心ください!!

ラヘラ, その他

Posted by Koyama Junko