koyama junko’s work

一つ一つの「仕事」を大切にしたい

ラヘラ, その他

仕事

「仕事」って何を指すんだろう。

たびたびこんなことを考える場面があります。

「仕事が入ったんで。打ち合わせの日程変更してください」

と言われることが時々あります。そしてそのほとんどの場合は、当日か前日に突然言われます。

打ちあわせだって仕事のひとつ。

その場で利益が生まれなくても、次につなげるための大切な時間のはず。

しかも、打ち合わせの相手はそのために時間を空けているわけです。

なのに、自分の目先の仕事の都合で一方的にキャンセルできる打ち合わせなら、必要のない打合せなのかもしれません。

仕事の優劣

ちょっと話がそれるけど、2年くらい前にとても無茶なスケジュールで打ち合わせを出しされたことがありました。

すでにサロンのご予約が入っている2日後くらいの日程を指定され、その日は無理だと答えたら、「たかが1万や2万の仕事の為に、将来数百万になる見込みのある打ち合わせを断るのか?」と罵倒されました。

もちろん、数百万になるかもしれない仕事の打ち合わせは大切だけれど、すでに予約してくださっているお客様には関係のない話。

仕事の利益で優劣をつけるのはおかしな話で、「劣」とみなすなら最初からやらなければいい。私にとって事前に予約してくださるサロンのお客様があるからセラピストの仕事が成り立つんです。

罵倒した方とのご縁は、別の事件をきっかけにすっぱり切らせていただきました。

その仕事をすると決めるのは自分

もちろん、この仕事受けなければもっと大きい仕事が入ったのにな、と思うことはあります。

でも、その仕事を受けたのも私。そしてどんな仕事でも真剣にやれば、何か次につながる素敵なことが待っていると思うのです。

私の周りの仕事がうまくいっている方、尊敬できる方は、打ち合わせや相談の日程がかなり先になることはあっても、直前の日程変更はありません。

あ、件の罵倒した方は平気で「明日無理になったから、●日で」とか言う人でした。なんで必死でその人と仕事しようとしてたんだろう私。笑

ということで、人のふり見てなんちゃら。

仕事でもプライベートでも、他のことの為にキャンセルしたり変更したりしなきゃならない程度の約束ならしないほうが良いと思うのです。

ラヘラ, その他スクール

Posted by Koyama Junko