koyama junko’s work

肩こり・頭痛・腰痛の原因と解消法

2018年2月15日ラヘラ

慢性的な肩こり・腰痛・頭痛の原因

肩首のコリや腰痛の感じ方には個人差があるものの、もはや国民病といっても過言ではないくらい多くの方が、慢性的な肩こり、腰痛で悩んでいます。

lahellaのディープストーンアロマトリートメントを受てくださる方も、ほとんどの方が「慢性的な肩こり」「繰り返す腰痛」さらには「たびたびやってくる頭痛」に悩んでいる方が多いです。

頭痛にはいろいろ種類がありますが、「頭痛がつらい!」という方はガチガチに固まった首が原因のことも多く、肩首がほぐれると嘘のように頭痛がなくなることもあります。定期的にホットストーンの施術を受けたら、頭痛薬と無縁になった!という方もいらっしゃるんですよ。

姿勢、年齢的な問題、骨格、運動不足、過度の負担…

などなど、肩こりや腰痛は様々な理由が挙げられますが、肩こりや腰痛が悪化してしまう直接的な原因は、血行不良といわれています。

そして現代人が血行不良になる大きな原因は同じ姿勢で過ごす時間が長いこと

特にパソコンや携帯電話の操作など、同じ姿勢でいることが多い場合は一箇所の筋肉に負担がかかったまま長時間過ごしてしまいます。いつも同じほうの肩が凝るという場合は、いつも同じ側を下にして寝ている、ということも。

普段の生活、心当たり、有りませんか?

さて、負担のかかった筋肉は緊張し続け、いつの間にか緊張した状態が、普通になってしまいます。そうすると、緊張している部分は血行不良になります

私達の体は、血液から必要な酸素や栄養素を供給し、老廃物を血液に乗せて運び去ります。さらに、血液は酸素や栄養を運ぶだけでなく、熱を運ぶ役割も担っています。

血行が悪くなる=血液が流れにくくなる、ということはその部分が冷えていくということです。コリと冷えは密接にか変わっているので、手足の冷えも実は、肩や腰のコリが原因かもしれません。

だから、肩こりや頭痛、抹消の冷えが気になった時は、まず肩や腰を温めてみて下さい。

特に今のように寒ーい季節には変化を感じやすいですヨ。

ご自宅で簡単に温める方法

もし、湯たんぽを持っているのに使っていなかったら…すぐにお湯を入れてください!

そして湯たんぽが無い場合は、ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりに使うか、濡らしたタオルをビニール袋に入れ、レンジでチン!アツアツのホットタオルを作るのがおすすめ。

アツアツのホットタオルをビニール袋のまま、乾いたタオルで包み、肩・首・腰、辛い部分に乗せましょう。時間は15分~20分。ホットタオルを乗せた部分だけじゃなく、体全身が中からポカポカしてくるのが分かります。

ぜひお試し下さい!

≫ラヘラの温めてほぐすトリートメントはこちら