koyama junko’s work

くやしいなぁ。もう聞けない想い:エコロギ―四万十(高知県四万十)

2019年4月2日和精油めぐり

ずっと行きたかったエコロギ―四万十産を訪問

飛行機に乗って、レンタカーで2時間走って。

でも。会いたい人はそこにはいなかった。

独立して間もない頃から使っていたエコロギー四万十の様々な精油。

代表のブログやインタビュー記事を読み漁り、想いやコンセプトに共感した私は、勇気を出して卸販売のお願いをしたことを覚えています。

仕入れ量も少ない状態でしたが、精油のことをわかってくれている人だから、と代理店として認めてくださり、一時期はサロンで販売取り扱いもしていました。(かおりとを立ち上げたのを機に、販売をやめました)

ラジオの取材を始めた1年半前、すぐに連絡をしていたのだけど、工場のメンテナンスなどでタイミングが合わず、今の時期になったのです。

やっと叶った取材に胸を弾ませ、ちょっと高価な飛行機代も、2時間のドライブもワクワクの連続だったけれど…。

あと3年早く…エコロギ―四万十へ行くべきだった

昔からよく知っている会社だからと、訪問前にHPを読み込むこともなく、とりあえず印刷してバタバタと出発。

なんせ、訪問の3日前は東京でロバートティスランド氏のセミナーに参加、2日前と前日は神奈川で、ひのもとアロマインストラクター養成講座の開催で余裕が全くなかったんです。

東京から飛行機で高知入りし、竜馬空港から2時間ドライブ。

アポイントは代表ではなく工場長だったけれど、代表ともご挨拶くらいはできるかしら!と訪問したのです。

ところが…

私がお話を聞きたいと思っていた当時の代表は、2016年4月、59歳の若さでこの世を去らていたのです。

それすら知らなかった。

その2年前2014年12月でブログの更新が止まっているから、どうしてかなとは思っていたのだけど…

3年前の私は、まだラジオに出会ってなかったのだから、後悔するにもできないタイミング。

想いを受け継いで、新しい時代へ

取材中、何度も出てきた、「先代の社長がやってたことなので経緯ははっきりわからないのですが」のフレーズ。

口惜しさともどかしさの連続でしたが、誰が悪いわけではない。

もちろん、それでもエコロギー四万十はさらに品質の高い安全な精油作りを目指して進化し続けています。
※その取り組みは次回のブログで…

今の取り組みや放送できないココだけの話も聞けました。←収録を終えると、いろんな面白い話が飛び出すのはいつものこと。笑

でも、悔しいなぁ。

今は亡き、それを立ち上げた方の、熱い想いは直接聞くことができない。

何をどうあがいても会えない人。

1日でも早く、たくさんの生産者に会いに行かなければと、改めて思うのでした。

ところで、エコロギ―四万十の工場の敷地にはぐるりと桜の木が植えられていました。

創業当時、地域に住む方が、一本ずつ手作業で植えてくださったそう。

「毎年、みんなでお花見をするんですよ」と工場長が嬉しそうに教えてくれました。

地域のみんなに支えられ、愛され、そして地域の自然の恵みを愛し、大切にしているエコロギ―四万十。

お忙しい中、お時間を頂きありがとうございました!

ーーー

見学・取材で訪問した日本産精油生産者

株式会社エコロギ―四万十
住所:〒786-0303 高知県高岡郡四万十町希ノ川57番地
電話番号 :0880-29-4025
HPはこちら

和精油めぐり

Posted by Koyama Junko